礼状

  • 私は両親、すべての単一の犠牲と燃やされた眉毛いただきありがとうございます、あなたは私と私の兄弟のためやった。私は常に私を得るどのように古いに関係なく、あなたの娘をいただきます。愛しています。
  • 私の兄弟に君たちはサルの迷惑な束がありますが、私はまだとにかく君たちを愛しています。最も素晴らしい最高の友達になっていただきありがとうございます。私は問題ではない友人の巨大な輪があれば、あなたのすべては、ここで私の仲間の最善である限り、それは結構です。
  • 私の大学の仲間に大学は君たちなく楽しいでしょう。私の友人ありがとうございます。
  • ユガのため、我々 はいないかもしれない私たちが行うとき、我々 が高校にいたが、いつの日かを知っている限りをお話しすることができて、我々 でしょうが再会します。申し訳ありませんが、過去を語っていません。クールな親友をされていただきありがとうございます。
  • 高校の友人、同級生、楽しみのためにありがとうございます思い出。皆さんから高い何かを期待していなかった、私は忘れて私が最終的に起こることを知っています。だから気にしません。
  • 高校の友人、同級生、楽しみのためにありがとうございます思い出。皆さんから高い何かを期待していなかった、私は忘れて私が最終的に起こることを知っています。だから気にしません。
  • 不愉快な敵、内気なコメントありがとうございます。やっている、すべての難しい作品も間違ったこと人々 を証明することです。
  • 康介を最大のインスピレーションをされていただきありがとうございます。私は知っているし、適切な時期がきたら、最後に一緒になれるでしょう。だからもう少しオーケーの私を待ってください。愛しています。(このされて 1 つの心配面もこれ 1 つではないので、将来的に両面)
  • 最後に神!どれだけ私はあなたに、神に感謝して段落は出せない。常に指導し、私を助けていただきありがとうございます。場合は、神が大好きです。あなたがくれた素晴らしい人生のこの 17 年間ありがとうございました。私をサポートしてください、私の祈りの見飽きることがないです。いつもありがとうございます。

As a Sixteen years young lady;

“What life was I able to live during the Sixteenth year of my life? ” I asked myself.

Well, the life that I was able to live was an epic. A path and a different kinds of challenges had opened up towards me. I was timid and shy, true, that I’m still timid and shy but not as much as I was the past years. I met several people, introduced myself multiple of times not just to people but also to wisdom. I’ve changed and I’m not going to lie about it.

I’m not the same person when I was Fifteen and I’m definitely not going to remain as I am today someday.There’s one thing I have a guarantee thou, and that is I’m going to change not for worst but for the better. How am I suppose to grow, if I would remain the same, right? right.

At the age of 16. I was able to embrace what I was truly am, wholeheartedly. In addition to life lessons, we should stop falling in love with temporary people and stop throwing bunch of complaints, why not try to turn those complaints into a solution to do something to change it?

We weren’t born to experience only just happiness. We live to struggle for the best, for what we want and for what we deserve.

I’m still in the middle of conquering the stress cause by studying, the bitterness of plain black coffee, healthy living, exercising daily, all of the kanji and kana characters.

 

I’m Sixteen turning Seventeen and I’m still in the scenario of chasing after my goal five years prior.

I’m truly grateful for this life, God has bestowed upon me. To my beautiful parents, I, thank you for turning me into such a fine lady, i love you. To my siblings, still epic, my eternal best friends. To my friends, thank you for being a part of my life and to those bashful people towards me (if there are one) thank you, you are one of the many inspirations for me to be a better human being. To Kousuke, thank you, no words can explain what I’m supposed to thank you for.